駿河まほろばの会|ご挨拶・基本理念

現代における天岩戸開きの場、駿河まほろば

駿河まほろばは、日本会議の会員を中心に静岡県富士市で行われている勉強会です。

政治の旬な話題をテーマに、和歌や歴史、日本の伝統文化についても触れながら学んでいます。

富士市だけでなく、伊豆市、三島市、沼津市、富士宮市、といった静岡東部の参加者を中心に、中部の静岡市、はては島田市、掛川市といった西部からも参加者がおります。

当ブログは、駿河まほろばの活動のご案内や、仲間達による記事を掲載しています。

様々な世代が集う学びの場

駿河まほろばの参加者は20代~70代の幅広い年齢層の男女が参加します。

政治をテーマにした勉強会というと、年配の男性の方が多いというイメージがありますが、主婦の方や、ご夫婦で参加される方もおります。

経営者や現役の地方議員さんも参加され、庶民の声、経営者の視点での声、政治の現場の声等、様々な視点の声を聞くことができます。

どなたも日本が大好きな方達が集いますので、初めての参加でもすぐに打ち解けることができます。普段はなかなか周囲の人と話せない事でも、心置きなく話せる場でもあります。

アットホームな雰囲気で、勉強会の最後には参加者からの感想を話せる時間もありますので、同じ思いを持つ仲間が欲しいという方には是非ともおすすめです。

八百万の神々達による天岩戸開き

日本は古来から八百万の神々が宿る国と言われています。神々は一人一人違った個性を持ち、不完全な存在ではありますが、得意分野を持っていて、それぞれの役目を果たしています。

日本の神話には、天岩戸開きという話があります。天岩戸に隠れてしまった天照大御神様に出てきてもらえるように、神々達は知恵をめぐらし、それぞれの力を発揮しました。

また日本の先人たちは、それぞれの違いを認め合い、力を合わせて良い国づくりを行ってきました。

駿河まほろばも、参加された方一人一人の思いを受け止め、天分が発揮できる受け皿を目指しています。

誰しも日本を良くしたいという思いはあっても、一人で行動に移す事は簡単にはできません。

私達一人一人は点ではありますが、それが集って線となり、面となれば大きな力を発揮する事ができます。まずは同じ思いを持っている方が集い、一人一人の得意分野を活かせる場があれば、大きな力となります。

そうすればこの駿河の地から、少しずつでもまほろばの国日本を良くしていく息吹が起こっていくでしょう。

現代における天岩戸開きを起こしていきたい、という言葉にはそんな願いをこめています。

是非駿河まほろばにご参加されて、皆さんと共に学びを深めていきたいと思います。

駿河まほろば代表
大村篤志



おすすめ


最近の投稿